ネット直販時代

インターネットが全世界を覆ったおかげで、外国の業者から直接物を買うことが増えた。

アマゾンのマーケットプレイスでは、本当に普通にアメリカやイギリスの業者から本やCDを買っている。
自分は使っていないが、e-Bayなど海外オークションサイトでほしいものを手に入れる人も増えている。

今挙げたのは大型のサイト経由だが、直取引で買ったこともある。
ひとつは石に凝っていた頃にルース(裸石)の宝石を買った時。ちゃんと届いたが予想外の関税を商品受け取りの時に請求されて参った。

ギターのエフェクターの時は少し納期が遅れて、「詐欺か?」と思ったがちゃんと届いた。
フェイスブックのアド広告ですごくかっこいいTシャツを見つけて、外国の会社に注文したが、あれは数カ月経ってもまだ届かない。これは完全に詐欺に引っかかった。(笑)

さて、日本で外国のものを直送で買う例をいくつか挙げたが、逆方向ももちろんアリ。
日本の化粧品、サプリ、健康食品などを直で売る動きが増えているらしい。
下記サイトはその例。

maNara溫熱卸妝凝膠介紹

マナラホットクレンジングゲルという化粧落としで、日本では売り上げを伸ばし続けている商品なんだけど、直送という形で台湾進出。

この動きがこれからどうなっていくのか、とても楽しみだ。

剛毛なら除毛クリーム

除毛クリームは、はっきり申し上げて剛毛男、剛毛女にとって強い味方である。

剛毛で悩んでいた私のスネ毛は、処理するだけで大変なのだ。

剛毛ではない人には理解できないかもしれないが、カミソリですね毛を処理した時にスネから血が出る恐怖を感じたことはないだろう。

スネ毛を処理すればするほど、スネは乾燥し、ブツブツができてしまうこともあるのだ。

どうしても時間がなく朝からスネ毛の処理をした途端流血してしまい、絆創膏を貼って外出する…
人に見られても良いようにスネ毛を処理しているのに、そのスネ毛処理をしたがゆえに足を出せなくなるのだ。

これほどまでに本末転倒なことを私は見たことがない。

ただ、除毛クリームを使用すればそのようなスネ毛処理の悩みに涙する必要もないのだ。

塗って、15分ほど放置してあとはスポンジでスネ毛を絡め取るだけだからだ。

たったそれだけで皮膚を傷つけることもなければ、流血することもない。

痛みもなく、かゆみも流血もなく除毛できるのは剛毛人間にとって極めて魅力的である。

Men‘s除毛クリームおすすめランキング

近所での事故

近所を散歩していたら突然、ガラガラとすごい音がした。

そしてその後、何かにぶつかった音がした。

そう、近くで交通事故が発生したのだ。

電柱にぶつかった単独事故だった。

後ろを走っていた車が救助に向かった。

運転していた男性は無事だったようだ。

胸を強く打ったが命に別状はない。

救急車も呼ばなくてよかったようだ。

最初はパンクして制御不能になりぶつかったのかと思ったが、どうやら違ったようだ。

スマホを操作しながら運転していてぶつかってしまい、車体が歩道に乗り上げていたのだ。

それの音がガラガラと言っていたらしい。

今回は単独事故で大けがした人もいなかったので良かったが、これが対向車に突っ込んでいたら大けがした人もいたかもしれない。

巻き込まれたほうは通院したり、保険会社と色々あったりと結構大変である。

なので交通事故は巻き込まれないのが一番だ。

本当に巻き込まれたら精神的負担が大きくなる。

弁護士に依頼すれば何とかしてくれると思うが。

交通事故損害賠償請求における弁護士の戦い方

風俗で離婚?

風俗は浮気になるのだろうか。

一度だけ風俗に行ったのであれば離婚の理由にはならないようだ。

しかし継続的に風俗に通っているのであれば離婚理由になるかもしれない。

風俗に通うことで夜の営みが減っていけば夫婦関係は破たんする。

実際に知り合いは風俗通いで離婚した。

最初は浮気と思い探偵を雇ったところ、週に3回も風俗に通っていることが発覚。

キャバクラではなく、本番行為があるところらしい。

もちろんその頃から夜の営みが減り、奥さんは不満に思っていたようだ。

奥さんはこれ以上結婚生活を続けることはできないとして離婚を申し出た。

週3も風俗に通っている夫なんて絶対に嫌です。

それなら一般人と浮気していた方がまだよかったような…。

中には風俗なら許せるという女性もいます。

相手も仕事なので割り切っているから気にならないとか。

そういった考えもあるのかもしれませんが…。

とにかく怪しい行動をしているのであれば探偵にお願いした方がすっきりしますね。

高崎・前橋の信頼できる興信所

人気の葉酸サプリ

楽天でも人気の葉酸サプリ。

定期購入したものの、においと味が受け付けず飲むことができない。

しかし捨てるのはもったいないので、平気と言っていた義妹が飲んでいる。

ちなみに義妹は結婚しておらず子作りの予定もない。

このサプリがダメだったので、最初から定期購入せずに飲めるものを探している。

もし飲めなくても定期購入でなければ被害は少ない。

定期購入だと最低何か月以上などの決まりがあるので面倒だ。

妊娠初期はとくにつわりなどでサプリを受け付けないこともある。

なので妊娠前は平気だったサプリでも妊娠してから飲めなくなることもあるのだ。

近くで購入できる葉酸サプリもあるが、添加物などが心配だ。

通販限定の葉酸サプリは品質が高いことが多い。

価格は近所で購入できる葉酸サプリよりも高いが、安心して飲むことができるのだ。

安心安全な葉酸サプリを探しているのであればネットで探してみた方がいいと思う。

ただ、本当に飲んだことのある口コミを参考にしないとステマの可能性もあるので注意。

厚労省が推奨する葉酸サプリおすすめ品

家出騒動

イヤイヤ期真っただ中の娘がこの度、家出すると言い出した。

娘の年齢は1歳8か月だ。

もちろんこの年齢なので本気で家出できるわけではない。

しかし、娘は本気で家出しようと考えているのだ。

手を洗いたくないというイヤイヤからこの騒動は起こった。

私にバイバイをして玄関から出ていこうとしてる。

娘、出て行ってもきっと庭すら出ることができないぞ!

そう思いながら娘を止める。

しかし、娘の顔は真剣。

どうやら家出する意志は固いようだ。

娘を庭に出して家出気分を味わってもらうことにした。

すぐに帰ってくるだろうと思っていると、なかなか帰ってこない。

こっそり見てみると庭にあるお手製の砂場で遊んでいた。

娘に家出の話はせずに、ゼリー食べる?と問いかけてみる。

すると笑顔でうんだって。

娘の家出はこれにて終了。

娘のようなお遊びではなく、本当に家出人を探しているのであれば興信所を利用した方が一番早いと思う。

詳しくは下記サイトを参照してほしい。

興信所ポータルサイト

口コミを見るのは女性

口コミ情報を検索して購入するのは圧倒的に女が多い。

女は慎重派なのだろうか。

というか失敗したくないという気持ちがあるかもしれない。

商品を購入するだけでなく、ホテルなどの口コミを見る人も多い。

泊まろうとしているホテルの評判というのは気になるものなのだろう。

ただ口コミはステマする企業も増えてきた。

そのような企業は信頼することができない。

口コミを探している人は、やはり実際に利用した人の口コミを期待しているのだ。

企業が作った偽物の口コミなんかに心は動かされない。

しかもそれがステマだったとバレれば評判も悪くなるだろう。

そういえば友人の話だが、葉酸サプリを探しているので口コミを見まくっているらしい。

口コミを見るだけで一週間ほど使ったそうだ。

それなのに口コミを見すぎてどれがいいのかわからなくなったそうだ。

一週間という時間を使ったのに…。

とりあえず人気の美的ヌーボを勧めておいた。

最終的に決めるのは友人ですが…。

人気の葉酸サプリ「美的ヌーボ」の口コミ

観光が台無し

今日は、あるところに観光に行ってきた。

そしたら、ある国の団体客も観光に来ていたのだ。

その数、100人以上?

ここは日本じゃないと思うほど占領されていた。

本当にマナーが悪い。

喫煙は所定の場所でと書かれているのに、ガイドが歩きたばこをしている。

そして声がでかい。

なぜあんなに大きな声でしゃべらないといけないのか謎だ。

そしてトイレなどは散らかし放題。

せっかくの観光が台無しだった。

その話を友人にした。

その友人は借金があり、観光に行けるだけで羨ましい…と言っていた。

話す相手を間違ったようだ。

友人の借金の話になり、どうやら自己破産することにしたらしい。

借金があるとは知っていたが、そんなに大きな借金があるとは知らなかった。

自己破産したら友人はどうなるのだろう。

気になって調べてみた。

そしたら詳しく書かれたサイトがあった。

このサイトを見たら一通りのことはわかる。

もし自己破産について調べているなら読んでほしい。

自己破産とは?

本当に事故に遭ってしまった

仕事に行きたくないと思う日があるだろう。

常日頃そう思っている知り合いがいる。

転職も考えているそうだが、なかなかいい職場が見つからないそうだ。

毎日、毎日行きたくないと考えていたらしい。

そして時には交通事故で入院すれば仕事を休める!とまで考え始めたようだ。

そんなこと考えていたある日、本当に交通事故に巻き込まれたのだ。

しかし入院するほどの事故ではなかったようだ。

通院しているだけなので会社には出勤している。

もっと大きなけがだったら…と考えたそうだが、生きているだけでよかったと思いなおしたそうだ。

通院を始めて3か月がしたころに、保険会社から治療費打ち切りの連絡が入ったそうだ。

まだ痛みがあるので、通院を希望したそうだが聞き入れてもらえなかったようだ。

弁護士に相談すると言ってそれから連絡がない。

あれから2ヶ月ほど経つが、どうなったのだろうか。

こちらから連絡しても折り返しがない。

心配なので連絡してほしいと思っているのだが…。

バレないように工夫しても…

不倫がバレないように色々と工夫している人も多いだろう。

例えば家族といる週末、夜などは連絡しないとか電話用の登録名は同性に変えるなど。

しかしどんなに気を付けていても不倫がバレることはある。

それはラインの消し忘れなど。

スマホを勝手にチェックされ、ラインを見られたら浮気の証拠が残っていた…。

これを見られてしまったら言い訳は難しい。

浮気をする場合は、特に証拠を残さないように気を付けないといけない。

それから浮気相手がわざとバレるように証拠を残す場合もある。

例えば女性がわざと香水や口紅を服につけたりして奥さんにアピールするのだ。

離婚してほしい、もしくは家庭をぐちゃぐちゃにしたいと思って行う行動だ。

浮気を怪しいと思った奥さんは次のような行動に出る。

それは証拠集めだ。

自分で行うか、それとも探偵や興信所にお願いするかはわからない。

しかし確実に証拠集めの行動を起こすので気を付けないといけない。

おすすめの探偵社を紹介しているサイトなどの閲覧履歴が残っていたら探偵に依頼する気満々だ。

さいたま市のおすすめ探偵社